アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2011-11-26)

2011-11-26 (Sat) 09:30[ 編集 ]
臨床工学技士が自殺 母親が労災申請 京都

 京都市内の病院に勤務していた臨床工学技士の男性=当時(22)=が、就職してから約1年8カ月後に自殺したのは、仕事量の急激な変化で心理的負担が増大したことが原因として、大阪府に住む男性の母親が25日、労働災害を京都下労働基準監督署に申請した。
母親の代理人弁護士の意見書などによると、男性は平成20年3月から病院で透析治療を担当。21年に先輩3人が退職したため業務を一手に引き受けることになり、強度の心理的負担で精神障害を発症し、21年11月に自殺したという。

 母親は「優しい子だったので『つらい』と私にも言い出せなかったのだろう。弱い人間だから死を選んだのではなく、仕事が原因だったということをはっきりさせたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111126-00000030-san-l26

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/63-ed93a322