アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2011-11-12)

2011-11-12 (Sat) 11:41[ 編集 ]
傾聴体験 愛媛県松山市のNPOがボランティア講座、電話相談の対応実感

NPO法人「松山自殺防止センター」は、「傾聴ボランティア体験講座」を松山市内で開き、参加者は相手の立場になって話を聞く「傾聴」を実感した。
 講座では同センター事務局長の野瀬さゆりさん(60)らが09年332人、10年299人と自殺者数が減少している県内の現状を説明。傾聴体験では、受講者が相談する人(コーラー)役と相談を聞く人(ビフレンダー)役に分かれ、ビフレンダー役が「黙って相づちを打たない」設定と「相づちを打つ」設定で、1分間ずつ行った。参加者からは、「相づちがないと、壁に向かって話しているようで話しづらかった」という意見も出ていた。
 野瀬さんは「電話相談者は、『この電話を切った後に死にます』と言われても、否定をせずにそれを受け入れる気持ちが大事。とにかく相手の話を真摯(しんし)に聞かねばならない」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111112-00000312-mailo-l38
関連するニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000239-mailo-l45

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/51-084ec64e