アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2011-08-13)

2011-08-13 (Sat) 16:09[ 編集 ]
学校の課題に取り組みを、ネットワーク推進会議発足/横浜

いじめ、暴力、不登校など従来行ってきた個別対策を再構築し、県内すべての学校や地域で子どもの笑顔があふれることを目指す「かながわ元気な学校ネットワーク推進会議」が発足し12日、第1回会議を横浜市神奈川区のかながわ県民センターで開いた。

 会議には学識経験者、保護者、企業、民間団体、教育・行政関係者ら16人が参加。会長に滝坂信一・帝京科学大学生命環境学部教授が選ばれた。

 2010年度の文部科学省調査で、県内の小中高のいじめ解決率は63・6%で全国ワースト2。千人当たりの暴力発生件数は8件(全国平均4・4件)、同不登校は14人(同11・5人)。

 こうした実態を踏まえて、これまで行ってきたいじめ、暴力、不登校の未然防止や早期対策など個別の事業体系を抜本的に再構築し、共通の背景に重点的に取り組むことにした。同会議はその推進母体になる。

 具体的には(1)魅力ある学校づくり(コミュニケーション能力、学力定着など)(2)いのち守り合う関係機関との連携(家庭環境、発達課題など)(3)支え合う地域との協働(規範意識、社会性)―の3プロジェクトを推進する計画だ。

 県教育委員会の藤井良一教育長は「知る・関心を持つ・行動する母体として働いてほしい。教師を支え、子どもたちの笑顔と元気の結果として、いじめ、暴力、不登校が減少することを期待したい」と狙いを語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110813-00000001-kana-l14

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/5-579554d7