アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2011-11-04)

2011-11-04 (Fri) 13:47[ 編集 ]
心の健康、企業関心高まる 京都に提供団体、中小に普及課題

職場で「心の病」が増える中、精神科医ら専門スタッフが心の健康をサポートする「従業員支援プログラム(EAP)」への企業の関心が高まっている。厚生労働省も同プログラムの活用を促しており、京都市では同プログラムを提供する民間団体が発足した。一方、京都に多い中小企業でどう導入を進めるかが課題となっている。

 同プログラムは事業所が精神科医や産業カウンセラーを雇ったり、専門スタッフをそろえた外部機関と契約するなどして、従業員の相談や職場復帰の支援などを行うメンタルヘルスサービス。厚労省は2006年策定のメンタルヘルス対策指針で同プログラムの推進を呼び掛けている。

 産業医や精神科医らでつくる「日本EAP協会」(大阪市)によると、日本でも外資系企業を中心に同プログラムを積極的に取り入れる企業が増えているという。京都市では昨年、契約者に対して専門スタッフによるカウンセリングなどを行うNPO法人「メンタルサポート京都」(中京区)が発足、同プログラムを提供する環境は整いつつある。

 大企業に比べ、中小企業では費用面が課題となって導入が遅れている。同プログラム提供事業に取り組む産業カウンセラーの大槻久美子さん(43)は「零細企業では体調を崩した社員の復職を待つより、退職させた上で新たな人材を雇うケースが多い」と指摘する。

 メンタルサポート京都は中小の事業所向けに利用料を値下げし、心の健康対策を学ぶ無料研修サービスも今春から始めた。山村隆事務局長(60)は「雇う側は心のケアへの理解を深めてほしい。行政も小規模事業者の導入負担を援助するなどの施策が必要」と話している。

 【職場のメンタルヘルス】 厚生労働省によると、うつ病などの精神疾患に伴う労災補償の請求件数は、昨年度は1181件(うち支給決定308件)に上り、2年連続で過去最多を記録した。業種別では製造業が最多の18%、卸売・小売業17%、医療・福祉14%など。年代別では30代が33%、40代が28%などとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111104-00000017-kyt-l26

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/32-7667341a