アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2011-10-02)

2011-10-02 (Sun) 16:06[ 編集 ]
DV・セクハラ:青森市の女性55%「経験」 市調査、6割が誰にも相談せず /青森

青森市に住む女性の5割以上がドメスティックバイオレンス(DV)やセクハラを経験していることが25日、市の調査で分かった。被害者の約6割が誰にも相談していないことも判明。市は、来年度に策定する男女共同参画の推進計画に対策を盛り込む方針だ。
 調査は7月1~21日、市内に住む20歳以上の男女2000人を対象に実施。女性は515人から回答を得た。その結果、55%がDVやセクハラを経験していた。「受けたことがない」は28%だった。
 セクハラの内訳(複数回答)は「女のくせに」など差別的な発言が23%で最多。性的ジョークが20%、体を触られる被害も16%に上った。DVは「誰のおかげで生活できるんだ」など言葉の暴力が9%、身体的暴力は8%で、深刻な被害実態が浮かび上がった。
 行政機関などに被害を相談した女性は34%しかおらず、58%は誰にも相談していなかった。無回答は9%。相談しなかった理由(複数回答)は「相談するほどのことではないと思った」が53%でトップ。41%は「相談しても無駄」と考えていた。「自分が我慢すればやっていける」(24%)や「恥ずかしくて言えなかった」(13%)など泣き寝入りするケースも多かった。
 市内の事業所(従業員10人以上)200社を対象とする意識調査も同時に実施。108社が回答し、セクハラ防止意識について、「十分浸透している」と「だいたい浸透している」が計86%に達したが、実際には特に取り組みを行っていない事業所が40%に上った。
 青森市市民協働推進課は「誰にも相談しない被害者が多いことは問題。一歩踏み出す手助けが必要。調査結果を推進計画に反映させたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000061-mailo-l02

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/3-c0c19349