アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

うつといっしょのニュース(2012-09-24)

2012-09-24 (Mon) 22:29[ 編集 ]
女子中生が下級生に集団暴行、動画撮影も 和歌山・紀の川市、傷害で立件

和歌山県紀の川市の市立中学校で今年3月、当時1年の女子生徒(14)が上級生らの女子グループ5人から学校外で集団暴行を受け、鼻を骨折するなどの大けがをしていたことが24日、分かった。暴行の様子を動画撮影した生徒もいたといい、女子生徒の母親はいじめによる被害と訴えている。

 女子生徒は既に被害届を提出し、和歌山県警が傷害容疑などで捜査。5人のうち4人が家裁送致され、1人が児童相談所に通告された。学校側は「県警の捜査に任せる」との理由で、双方への事情聴取をしていなかったという。

 学校などによると、事件は3月1日の放課後に発生。校内から連れ出された被害少女が近くの駐車場などでグループに取り囲まれ、5人のうち1人から殴る蹴るの暴行を受けた。暴行の様子が携帯電話で動画撮影されたが、今のところネットなどへの流出は確認されていない。

 県警によると、加害者の生徒らは「生意気だった」などと動機を供述。5人のうち暴力を振るった1人は女子生徒に謝罪したが、ほかの4人は「手を出していない」と謝罪を拒否したという。

 記者会見した女子生徒の母親は「何度求めても学校が動いてくれず、娘は精神的にぼろぼろになってしまった。学校はきちんと事実を把握し、加害者に謝罪させてほしい」と訴えた。

 一方、学校側は「市のいじめ対策マニュアル通りに対応した。まだきちんとした状況がわかっておらず、家裁での審判が終わり次第、加害者の生徒に謝罪を促したい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000582-san-soci

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utsutoissyo.blog.fc2.com/tb.php/133-5c6cec26