アクセスランキング


体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

2012-02-のエントリー 

うつといっしょのニュース(2012-02-28)

2012-02-28 (Tue) 11:58[ 編集 ]
セクハラ対策責任者なのに… 北海道警副署長更迭

女性警察官にセクハラ行為を繰り返したとして、北海道警は27日、苫小牧署の今野慎一副署長(55)を停職1か月の懲戒処分にした。

 道警の内規では、セクハラは減給か戒告処分に相当するが、今野副署長は署内のハラスメント対策の責任者だったことから、道警は重大性を考慮し、異例の停職処分とした。

 発表によると、今野副署長は昨年6月から12月にかけ、部下の女性警察官や女性職員5人に計8回にわたり、懇親会などの場で体を触ったり、独身であることを指摘したりしたという。

 道警に匿名の通報があり、今野副署長から事情を聞いていた。今野副署長は「場を和ませたかった。本当に申し訳ない」と話しているという。

 道警は27日付で、今野副署長を警務部付にする人事も発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000123-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000221-yom-soci

うつといっしょのニュース(2012-02-24)

2012-02-24 (Fri) 22:04[ 編集 ]
福島第1原発で過労死の男性作業員が労災認定

東京電力福島第1原発の事故後に集中廃棄物処理施設で昨年5月、配管工事の作業中に死亡した大角信勝さん=当時(60)=について、横浜南労働基準監督署が過重労働による心筋梗塞で過労死したとして、労災認定していたことが24日、弁護士への取材で分かった。

 遺族側代理人の大橋昭夫弁護士によると、原発事故後の作業で過労死が認められたのは例がないとしている。

 請求申立書によると、大角さんは昨年5月13日から第1原発で配管工事に従事。翌14日午前6時40分ごろ、機械の運搬作業中に体調が急変し、約2時間40分後に病院へ搬送されたが死亡した。当時、原発敷地内の医務室には医師が不在で、作業拠点だったスポーツ施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町)には十分な医療設備が整備されておらず、治療できなかったという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000166-jij-soci

うつといっしょのニュース(2012-02-24)

2012-02-24 (Fri) 09:41[ 編集 ]
石綿(アスベスト)労災 - 厚労省の認定基準を否定する司法判断

アスベスト(石綿)を吸って肺がんを発症したが、労災不認定とされた埼玉県入間(いるま)市の男性(60)が、国を相手に処分取り消しを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。
古久保正人裁判長は厚生労働省の認定基準に関する通達(07年)について「合理性に疑問があり、救済範囲を狭めるもの」として処分を取り消した。
厚労省の石綿労災の認定基準についての通達を否定した司法判断は初めて。
同様の石綿肺がん訴訟は今回を含め東京3件、神戸4件が係争中で、大きな影響を与えそうだ。

続きを読む »